PlasticBrain

栃木在住のオッサンモデラー奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちゃりこちんぷい2巻、つきロボ2巻、デストロ2461巻



 19日発売になった漫画3つを購入。

 まずは「ちゃりこちんぷい」の2巻。独特の世界感があり、3人の女の子のキャラクターも面白い。ブルーズの知識がなくても楽しんで読めます。音楽モノの漫画にハズレは無いと自分では思ってますが、この作品も類に漏れず面白いです。

 つぎに「つきロボ」2巻。ロボットアニメヲタクの女の子が実は実存していた巨大ロボットをレストアしていくという話です。待ちに待った中平先生の新刊!!主人公のつきひちゃんがメチャクチャ可愛いですW 巨大ロボットをレストアするというテーマも、SFではありますが資金繰りどうしようとか、部品調達どうしようとか迷走する場面はすごく現実的だったり。これアニメ化しないかなぁ・・・。

 最後に「デストロ246」1巻。「ヨルムンガンド」連載終了後、サンデーGXで連載中の高橋慶太郎先生のアクション漫画です。これは既刊の「Ordinary±」と世界を同じくする作品で、見所は高橋先生独特の殺伐としたアクションシーン。そして出てくる殺し屋はみな女の子という!!この作品は毎月楽しみにしている作品の一つなので、今後の展開が非常に楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/20(土) 17:55:25|
  2. マンガ・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モデルグラフィックス№336、MSV-Rジョニー・ライデンの帰還5巻



 今月号のモデルグラフィックスはガンダムAGE特集です。表紙はNAOKIさんのMG AGE-1。「GUNDAM WEPONS2」のハッチフルオープンガンダムを参考にされた作例です。
 以前、同誌では「ガンダムSEED」放映時に関連キットへの向き合い方的な特集を何度か組んでいましたが、今回の特集もそれと似た内容になっております。かというのもSEED放映時は「種厨」という言葉が生まれるほど賛否両論、なかなか荒れたシリーズであったと記憶しています。その中でMG誌として「捨てたものじゃないよ?」と独自のアプローチでキットの楽しみ方をフォローアップする特集として、今も鮮明に覚えております。
 先日本放送が終了した「ガンダムAGE」ですが、物議を醸し出す作品であったかと思います。1年間打ち切りにならずに、毎週話題に挙がっていた作品だったのですから、好き嫌い云々ではなくやり通したことには評価出来ると思います。
 個人的にMSのデザインや設定はカッコ良く、発売されたキットは良キットばかり。未キット化のMSでもキット化して欲しい物も結構ありました。ぶっちゃけて世間的には「アニメ本編はアレだけど、MSはイケてる」という非常に残念な作品だったのではないでしょうか・・・。
 そこでMG誌独特の他誌とは違う絶妙なタイミングでの今回の特集です。巧い、というかズルいW AGEのキットが欲しくなっちゃいますね。巷では不良在庫気味のHGキットが投げ売りされていたような状態で、すでに捌けてしまっているところもあるようですが、この特集でキットを欲しがるモデラーさんが出てくると思います。再生産に期待しましょう。
 内容のほうは是非手にとって見ていただくとして、ガンプラファンとしては押さえておきたい号ではないかと思います。個人的には東海村源八さんの「ガフラン」、横縞みゆきさんの「ダナジン」、吉田かずのりさんの「クランシェ」の作例がお気に入りです^^

 そして、MSV-Rの5巻。この巻で緑地プラントでの戦闘はひとまず終了。ストーリーもそろそろ佳境に入っていくものと思われます。この巻の続きは今月発売の号で読めると思いますので、合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。
 このマンガを読んでからジョニー・ライデン仕様のゲルググBを作ろうと思って、MG2.0と旧キットを確保してあるんですが、なかなか手が進まず終いで・・・。いつかはやろうと思います!!ジャコビアス仕様のスナイパーカスタムもカッコイイ!!これも作ってみたいですねぇ。出来るかどうかはわかりませんがorz
  1. 2012/09/26(水) 00:24:51|
  2. マンガ・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

SA「宮崎駿・雑想ノートの世界」、IDF Armor Series №1



 単価が高いため、気に入った特集の時にしか買わないSA誌ですが、今回は宮崎駿監督の「雑想ノート」の特集でしたので躊躇いなく買いましたW
 「雑想ノート」に出てきた機体もそうですが、表紙を飾っている「紅の豚」の原作である「飛行艇時代」のサボイアS.21、果ては「風の谷のナウシカ」のトルメキア軍のバカガラス、装甲コルベットのスクラッチ作品、1998年に宮崎監督がパリ~モロッコ間のサン・テグジュペリの辿った航路を旅した際に乗った赤いアントノフAN2まで載っています。宮崎駿ファンなら必須とも言うべき号だと思いますので、お買い逃しなく。

 宇都宮ボークスSRにも少量ながら洋書の類が入荷するようになりまして、今日見つけたのが「IDF Armor Series №1」、イスラエル陸軍のメルカヴァを筆頭とした装甲車両のスナップ集です。メルカヴァの参考資料が丁度欲しかったので、多少値が張りましたが購入してみました。ちなみに78Pで3980円也・・・(´・ω・`)
でも想像以上に写真もキレイで、あまりお目にかかれないマガフの写真もあったので良かったかなぁと。

 しばらくAFV、スケール物から離れていたので、ちょっと作りたい感がムクムクと湧いてきた2冊でした^^
  1. 2012/08/12(日) 01:47:25|
  2. マンガ・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマト2199



 しばらく振りの更新です。ご無沙汰しておりました。何かと忙しくしておりまして、夜になるとバタンキュゥな状態でしたw

 さて、今月の新刊で注目していた、角川のニュータイプエースに連載している、「宇宙戦艦ヤマト2199」のコミックス1巻が発売されました。これはファンの間ではおなじみの、ヤマトのリメイク版、「宇宙戦艦ヤマト2199」のコミカライズされたものです。作画を担当しているのは画風に定評のある、むらかわみちお先生です。
 この1巻は、アニメの第1章のストーリーが丸々入っている状態なので、アニメと合わせて読めるのも良いところですね。巻末には設定資料も掲載されているので、ファンにも嬉しいところです。

 アニメと同様、これからの展開が非常に楽しみな作品ですね~^^
  1. 2012/07/10(火) 23:40:25|
  2. マンガ・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

袖付き機付長は詩詠う、鉄の駻馬



 26日に発売したガンダムA系のコミックス二つを買いました。

 一つは別冊ユニコーンAに掲載されていた、白石琴似先生の「袖付きの機付長は詩詠う」です。アニメ版ガンダムUCの各エピソードに出てきたネオジオン側のMS、特に脇を固めたMSについて、そのパイロットと機付長の物語となっています。バナージが撃ったビームマグナムの余波で撃墜されたセルジ少尉、パラオ攻略戦でユニコーンとガトリングを撃ち合ったドライセンのパイロット、ダカール、トリントン基地の戦闘に参加したゼーズールのパイロットのストーリーが収められています。この巻ではEP4までの話になりますので、EP7までのサイドストーリーが展開されると思われます。この巻の続きは現在発売中のガンダムUCAで読むことが出来ます。

 もう一冊は現在ガンダムA本誌で連載中の夏元雅人先生の「鉄の駻馬(かんば)」です。これはTV版ガンダムの14話「時間よ、止まれ」に登場したジオンのワッパ隊のクワラン曹長が主人公のコミックです。これはバンダイの「U.Cハードグラフ」シリーズを漫画化したもので、その中でも「WAPPA」を中心とした部隊の活躍が描かれています。オールドファンにはニヤリとさせられる内容も多く、ギャルやソルといった懐かしいメンツもでてきます。

 いずれもジオンファンにはたまらない作品になっていると思います。興味のある方は御一読をオススメいたします。
  1. 2012/05/28(月) 00:30:50|
  2. マンガ・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

鉄火

Author:鉄火
栃木在住のオッサンモデラー。
現在リハビリ中。

UNIQLO CALENDAR

twitter

来場者数

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
お知らせ (1)
日記 (19)
マンガ・本 (8)
ツール (1)
MGフリーダム (1)
MGシェンロン (1)
MGデルタプラス (1)
MGグフカスタム (4)
MGユニコーン (4)
MG AGE-1 (1)
モンハン3G日記 (10)

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。